2004.03.16

松本被告の子どもの入学拒否に差別の始まりを見たような気がする

入試には合格したけど松本智津夫の子供だったんで入学させませんでしたーという話

アサヒ・コムから。
松本被告の子どもの入学拒否 和光大、合格通知後に

同大は先月18日、本人あてに合格通知を出したが、入学手続きを通じて、父親が松本被告と知り、入学許可をいったん留保。8日に本人を呼び、被告との親子関係を確認した上で、12日の教授会の了承を受け、学長の判断で入学不許可を決めた。本人には文書で「現時点では本学に迎えることはできない」と伝えたという。
手続き的に不備は無いだろうし、地方自治体の転入届拒否とは性質が異なります。

私が興味があるのは、これが孫になったり、曾孫になったりして、松本智津夫の犯罪のことなんて知らんという世代になってもまだ続くんじゃないか、ということなんです。

これって、新たに始まる差別、ってやつじゃない?
テレビで「オウム」って誰かが言うたびに、先ほどの放送中に不適切な発言がありましたことをお詫びいたします(ペコリ)、とかやるようになるのかしらん?数百年後。

2004.03.12

米国が牛全頭検査を嫌がるわけ(電波風味)

アメリカがBSEに関する牛全頭検査を渋っている。これはなぜか
ズバリ、

キャトル・ミューティレーションの真相がバレるのが嫌
なのである。
これは google でキャトル ミューティレーション 政府 密約 と検索すれば12件ぐらいヒットすることからも明白であります。

2004.02.27

やっと死刑だ。長かった。

さっき、東京地裁で松本智津夫に対して判決主文が言い渡された。死刑だって。正直安心した。
4年前から彼奴はだんまりを決め込んでいる。殉教されちゃうと教団に対して燃料投下になってしまうのでイマイチだ。

たぶん控訴しないだろうからこれで決まりかな。と思ったら弁護団が東京高等裁判所に控訴しました。まだまだ続くのか。せっかく続くならだんまりを何とかしてもらいたい。ブザマなあがきを見せてくれないと上述理由により単に死刑になられても困るのだ。

と主観丸出しの記事がたまにはあっても良かろう

(15:50 控訴の話を追記)

他のアカウント

無料ブログはココログ

類似品にご注意


  • 「国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うとともに、重要消費者紛争について法による解決のための手続を実施すること」を目的とする独立行政法人「国民生活センター」と当 blog は関係ありません。
    共通点は総合的見地から国民の生活を見つめることぐらいです。

広告

  • Google AdSense