2009.08.16

日記文学の金字塔

という夢を観た。

矢野野晶(やの・のあき)という作家の「モーニング・コーヒー」という薄ーい文庫本を越智さんに返す夢だ。本の内容は一編2~3ページの短編5編ほどで、すべて内容は朝帰る内容だ。中央線に乗っている話、排泄物と花の色の対比の話、チョコレートの話など。
グーグル検索はまだ掛けていないがアマゾンではヒットなしだ。

もう一冊返している夢なのだがそちらのタイトルと作家名は思い出せない。惜しい。

2004.02.23

10万字余を収録する「今昔文字鏡」

今昔文字鏡【こんじゃく-もじ-きょう】とは何なのか?
文字鏡研究会」が音頭をとって、(株)エーアイ・ネット、紀伊國屋書店とともに開発・販売しているパソコン用の10万余の漢字中心の文字セットである。無償提供されているものと、紀伊國屋書店から発売されている製品がある。1985年ごろから活動が始まり、今昔文字鏡製品として世に出たのは1997年頃からである。

さも詳しそうなエラソーな文体で書いているが、私自身どっかで聞いたことはあるかな~程度で今朝に至り、今朝、
au by KDDI EZチャンネルの番組「クイズ!知ってど∼する!?」2月23日配信分で「魚偏に◎でなんと読む?」という問題を通して、今昔文字鏡の存在を realize したわけです。

製品版のフォントや入力・表示支援ツールの情報などは紀伊國屋書店のサイトにあります。
無償版のフォントは、Windows TrueType 版(圧縮時55MB)、Mac OS 版、TeX 用の3つが提供されています。書体は「文字鏡明朝体」のみです。ダウンロードはここから。


漢字といえば、どうするよ超漢字さんよ!
とおもったら、東京大学多国語処理研究会がやっている「GT書体」という奴が無償提供されており、これが超漢字に入っていることが判明しました。こちらからも Windows と Macintosh 用のフォントがダウンロードできます


ところでこんなにダウンロードしてインストールして、どうする?

他のアカウント

無料ブログはココログ

類似品にご注意


  • 「国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うとともに、重要消費者紛争について法による解決のための手続を実施すること」を目的とする独立行政法人「国民生活センター」と当 blog は関係ありません。
    共通点は総合的見地から国民の生活を見つめることぐらいです。

広告

  • Google AdSense