2005.04.03

談話室滝沢閉店でショック

タイトルの通り、「談話室滝沢」が2005年3月31日で全店閉店、だそうです。ショック~~~
ネット上では「関心空間」に「談話室滝沢 3月31日に閉店」のキーワードあり。
ネット以外では、永六輔がTBSラジオの「土曜土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」で残念がっていたそうですが、私も大変残念に感じます。
西新宿のヨドバシカメラの地階に隠れ家的に存在していた店舗が引払ってヨドバシカメラが増床したときからなんとなくや~な予感はしていたのですが。

とにかくサービスとか接客とか落ち着くというのはどういうことか、ということを考えさせられたり、マクドナルドやスターバックスでは絶対に得られないような、「落ち着いた」「休憩」が出来る店だっただけに。本当に残念です。
しかも閉店した後にそのことに気づいた。嗚呼、本当に残念だなあ。

2004.04.14

西洋フードシステムズ、吉野家の株を全部売却

アサヒ・コムから。
西洋フードシステムズ、吉野家株全株を売却

「やったね倒産、明日もホームランだ!」と揶揄されて24年、会社更生のバックに立っていた西武セゾングループとも完全に切れましたね。という感慨深いニュース。
伊藤忠系列が株式会社吉野家ディー・アンド・シー筆頭株主だとはこのニュースを見るまで知らなかった。

最近は、西洋フードシステムズはCASAの大半の店舗(120店舗)を株式会社ココスジャパンに売却したり、あまり調子がよろしくないようです。

この記事を書くにあたって他に、次の事実を知りました。

  • ココスはカスミ系列
  • 吉野家の吉の字は、「口」の上に「土」であって「士」ではない。
  • 西洋フードシステムズは既に西武セゾングループではなく、英コンパスグループという事業所給食で有数の資本にくっついている
  • 豚丼並盛250円は本日20時まで

外食産業もなかなか奥が深い。

2004.03.19

昨日の晩ごはん、荻窪徳大でニラレバそば

040318_202802.jpg荻窪に行ったときに時より立ち寄るのが荻窪駅南口のすずらん通り東南側、環八にほど近い「徳大」です。
この店は基本的に炒め物が旨いのですよ。
「ラーメン屋」ではないですがラーメンも基本を押さえている感じでなかなかいけます。
ちょっとだけ張り紙の類が薀蓄くさいというか、テレビ紹介履歴を書いているのでちょっとだけ慢心してなきゃよいがなんて思うわけですが、確かに旨いので薀蓄の一つや二つあってもよいかという気になります。

2004年3月18日夜に食べたのが写真のニラレバめんなんですが、めんの上に載っているモヤシニラ、レバーともやはり上手く炒められていて、結構な量がのっています。麺がちょっと少なめな印象。ですが、一食としてはちょうどよい感じです。私は炭水化物マニアではないので。

豚の背油のような奴が浮いていますが、「ヘルシー」オプションの指定で脂分は減らしてもらえるようです。

2004.03.16

フィッシュマックディッパーをもう一度食べてみた

フィッシュマックディッパーをもう一度食べてみた

結論:やはり総量に対する衣の量が多くてNGだった。かじった断面を観てみると、白身魚の厚みと、衣上側下側の厚みの合計がほぼ同じであった。

今回はスイートチリソースで食べたのだが、あまり酸味が無く、衣のくどさが軽減されたかというと、そんなことは無かった。

すごい宣伝費を投じて、こんなジャンキーな物を売るマクドナルドは、チキンのときの前科一犯に加えてこれで再犯ですな。

2004.03.15

吉野家豚丼その後、危険な目に遭遇

吉野家の豚丼を食べた数時間後の話

これはみな気づかないか、気づいても blog に書いたりはしないだろうから、あえてここで書く。
吉野家の豚丼にリスクが存在するのだ。それはいったい何か。

そのあとの屁がくさいことだ。
結構耐えられないレベル。あわてて換気扇を回しに行きました。
オヤジの屁もわたくしのものも、とてつもなかった。
エレベーターや、フォーマルな行事には、向かない食べ物かもしれません。気をつけましょう。

2004.03.14

吉野家豚丼再評価

今度は豚キムチ丼ではなく、豚丼を食べてみた。
結論:単に代用食と決め付けることはできないようだ。キムチが入っていないほうが味がキマルかもしれません。

豚丼大盛の蓋いやー、まさに、
さっき、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいでなかなか注文できないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、豚丼250円、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、豚丼250円如きで普段来てない吉野家に来てんじゃねーよ、ボケが。
250円だよ、250円。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で吉野家か。おめでてーな。

という様相を呈しておりました。

といいながら普段買ってない弁当を3つも買って親にも食べさせちゃったりしているので私も人のことは言ってられないんですが、吉野家の味付けは、なかなか淡味(ファーストフードにしては)で、油も牛丼よりもギトギトしていない。豚のほうが柔らかで、これはこれとして一大ジャンルに発展する可能性を秘めている、と感じました。豚キムチ丼にすると、豚の味がスポイルされる感じです。

次のチャレンジ:松屋が豚めしに入れているという生姜を加えて食べてみると味が引き締まるのではないか?という仮説を検証。

フィッシュマックディッパーを食べてみた

フィッシュマックディッパーを食べてみた

結論:総量に対する衣の量が多くてNG

フィッシュマックディッパーの空箱今回はタルタルソースで食べたので、次回はスイートチリソースで衣のくどさがどう軽減されるかをよく味わってみたい。

マクドナルドは以前にもチキンの小さなボールをフライにして提供というのをやったことがあり、その時も大変くどい、ジャンクフードここに極まりというモノになっていた。前科一犯。

2004.03.12

米国が牛全頭検査を嫌がるわけ(電波風味)

アメリカがBSEに関する牛全頭検査を渋っている。これはなぜか
ズバリ、

キャトル・ミューティレーションの真相がバレるのが嫌
なのである。
これは google でキャトル ミューティレーション 政府 密約 と検索すれば12件ぐらいヒットすることからも明白であります。

2004.03.10

結局、豚キムチ丼大盛

結局今日は吉野家で豚キムチ丼を食べた

行った店に、豚丼豚キムチ丼、豚鮭定食、カレー丼しかなかったためだ。
角煮きのこ丼があったらそちらに転んでいたかもしれない。

豚肉は牛より薄くスライスされており、脂分も少なめで、へるすぃ~な感じがした。
だが、味付けなどからみると「代用食」の範囲を超えていないのだ。

ちょっとだけさびしい豚丼だった。

決意表明 -豚丼を食らう-

今日は吉野家で豚丼を食べるぞ。
とたった今決心した。

なぜか「今日は吉野家築地店で牛丼を食べるぞ」とはならないのが不思議な私の心の仕組みだ。

大体3月11日から豚丼はディスカウントセールが予告されている。なのになぜ今日豚丼なのか。

理性的に判断するならば、ディスカウント予告に書いてある、

>>販売休止メニュー  :カレー丼、いくら鮭丼、マーボー丼、焼鶏丼、角煮きのこ丼、親子丼
>>期間及び、開催店舗は同上。
販売休止になるメニューのほうを食べておくべき日ではないだろうか。だいたい、角煮きのこ丼なんてどこの吉野家で見たことがある?

というわけで今日は昼ごろ葛藤に見舞われ、もうそりゃぁえらい騒ぎになる予定です。

何食べたかは本blogで発表予定。お楽しみにパチパチパチ。。。

より以前の記事一覧

他のアカウント

無料ブログはココログ

類似品にご注意


  • 「国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うとともに、重要消費者紛争について法による解決のための手続を実施すること」を目的とする独立行政法人「国民生活センター」と当 blog は関係ありません。
    共通点は総合的見地から国民の生活を見つめることぐらいです。

広告

  • Google AdSense